食べることが難しい高齢者の食事を食べやすくする工夫

高齢者の便秘の原因の一つに「食事摂取量の減少」が挙げられ、更にその原因として「食べることが難しい」というものが挙げられます。

 

硬いものを食べられなくなった、誤飲し易いなどが理由となります。

 

そこで食べることが難しい高齢者の食事を食べやすくする工夫をしてみましょう。

Sponsored Links

煮る時に一工夫

 

大根など繊維が多く仲間で火を通すのに時間がかかる野菜には、
隠し包丁を入れてから煮るとまんべんなく中まで火が通り食べやすくなります。

 

またお肉は噛まずに食べられる位のやわらかさまで煮込むと食べやすくなります。

 

こうした煮込み料理を作る時は野菜に火が通るまで時間がかかるので、

 

圧力鍋を活用すると調理の時間やガス代を節約できて大変便利です。

 

硬い食材はすりおろす

サツマイモ、ジャガイモ、リンゴなどの硬い食材は、
すりおろした状態でカレーやシチュー、スープなどに加えると飲み込みやすくなります。

 

いずれの食材も食物繊維豊富で便秘に効くので、
高齢者の便秘対策の食事にも積極的に取り入れて頂きたいと思います。

 

焼くよりも蒸した方がいい食材もあり

 

例えば魚の切り身。
焼くと身が硬くなったり、ポロポロと崩れやすくなったりと食べにくくなりますが、

 

蒸すことで身はホクホクとやわらかくなり食べやすくなります。

 

更に蒸した魚の切り身にあんをかけると、より食べやすくなるためオススメです。

 

豆類、イモ類は潰して使う

 

豆類やイモ類は十分に加熱すると中までやわらかくなり、
ミキサーがなくてもフォークやスプーンの裏側で潰せるので、

 

熱い内に潰して調理に使うと食べやすくなります。

 

豆類やイモ類も便秘に効く食材が多いので調理で工夫して便秘対策に役立てましょう。

 

飲み込みやすくする工夫・・・和え物にする

 

タルタルソース、マヨネーズ、ヨーグルトなどと和えると、
全体的にとろみのある仕上がりになることで飲み込みやすくなります。

 

サラダやデザートなどを作る時に試してみましょう。

 

飲み込みやすくする工夫・・・つなぎを混ぜる

 

卵、とろろなどのような、とろみを与えられるつなぎとなるものを混ぜると飲み込みやすくなります。

 

飲み込みやすくする工夫・・・あんをかける

 

口の中で身がポロポロと崩れやすい魚料理などに、とろとろのあんをかけるだけで、口の中で身が崩れにくくなり飲み込みやすくなって誤飲を防げます。

 

このように食べることが難しい高齢者向けの便秘対策の食事では、
上記のような一工夫をすることでより多くの食材を使った食事内容にすることができます。

 

まずは様々な食材を使って食べやすく・飲み込みやすくする工夫をしてみましょう。

 

どのくらいの硬さ、とろみ加減、大きさなら食べられるのか色々試してみてください。

高齢者の便秘アイテムランキング
おなか端麗 製薬会社の便秘専門チームが作る<飲む腸内洗浄>

→ くわしくはコチラ

イサゴール 飲みやすくて安心なお通じ商品

→ くわしくはコチラ

オリゴ糖 なんでも混ぜてしっかりとれる!

→ くわしくはコチラ