食欲を高めるためのヒント

食事することが難しく食べる量が減ってしまうことも高齢者の便秘の原因となります。

 

このような場合、食欲を高める食事内容を心がける!ことが大事です。
単に、お粥とミキサーにかけたおかずと汁物とお茶があればいいというわけではないのです。

Sponsored Links

具体的には「食べたい」という気持ちにさせるのは「美味しい」と思える食事ではないでしょうか。

 

この「食べたい」と「美味しい」がポイントになります。
つまりは、そう思わせる食事内容を目指せればいいわけです。

 

主食のお粥で飽きてしまう場合

 

やわらかいものメインの食事の場合、主食はお粥となります。

 

お粥といっても味付けなしで出されたものと、
塩、塩昆布、梅干し、みじん切りにした漬物などといった塩味を加えた味付けは、

 

毎日違う味を提供できればいいのですが、そうでない場合すぐに飽きてしまうものです。

 

更に栄養の偏りも心配されます。

 

飽きさせない工夫

 

お粥を主食として提供する以上、便秘解消のためにも摂取量を減らさないためにも、お粥に飽きを感じさせるわけにはいきません。

 

この場合、「○○風味」と味に塩味以外の変化をつけてあげましょう。

 

カレー風味、中華風味、コンソメ風味などアイディア次第でバリエーションは広がります。

 

飲み込みが難しくて食べられない場合

 

水のようなサラサラとした液体や、みじん切りのような細か過ぎる具材など、

 

こういったものを食べた時、誤飲が多かったり、すぐにむせてしまったり。

 

このように飲み込みが難しくて食事の摂取量が減っている場合は、
水溶き片栗粉や、市販されている液体にトロミをつけるアイテムなどを使い、

 

トロミをつけてあげると飲み込みやすくなったり、誤飲を防ぐことができます。

 

和食メインの献立にする

 

高齢者へ出す食事は和食メインの献立を考えると食欲が高まります。

 

和食で使われる食材は食物繊維やビタミン、ミネラルなど様々な栄養が豊富に含まれているため、多くの食材を使えばそれだけ栄養バランスの整った食事内容になります。

 

また汁物で沢山の野菜を使えば食物繊維と水分を一緒に補えるため、

 

高齢者の便秘対策の食事にもってこいの一品となります。

 

お粥と主菜と副菜と汁物

 

お粥、主菜、副菜、汁物のこれらで様々な味を演出しましょう。
醤油、味噌などのような発酵食品には植物性乳酸菌が含まれています。

 

植物性乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立つ成分なので便秘対策にオススメです。

 

これに加え調味料を上手に活用して味にアクセントをつ漬けてあげると良いです。

 

口の中で色んな味を楽しめてこそ食事に対する意欲を高めることができるのです。

 

朝食は温かい食事を与えましょう

 

朝は体温が低下傾向にあるため温かい食事を与えましょう。
朝から下がった体温を上昇させつつ体は活動の準備に入ります。

 

そのため朝食は温かいご飯、温かい汁物、温かいおかずにするよう心がけましょう。

 

このように食欲を高めるためのヒントは意外と身近なところにあるものです。
難しく考える必要はありません。

 

味、見栄え、使う食材などを少し意識するだけで食欲が落ち気味の高齢者の食欲を高めることができます。

 

食欲を高めて食事量を増やしていくことが高齢者の便秘解消へと繋がる第一歩です。

高齢者の便秘アイテムランキング
おなか端麗 製薬会社の便秘専門チームが作る<飲む腸内洗浄>

→ くわしくはコチラ

イサゴール 飲みやすくて安心なお通じ商品

→ くわしくはコチラ

オリゴ糖 なんでも混ぜてしっかりとれる!

→ くわしくはコチラ